blog


占いって、どうなの?


雑誌を読んでいて巻末にある星座占いが目に入ると読むつもりはなくても目がいきます。
ちなみに私の星座は蠍座です。占いの内容、ラッキーアイテムなど自分が仮に身につけていたりするとほくそ笑んだりします。
逆によくないことが書かれていると、こんなことは関係ないと自分に言い聞かせて見なかったことにしています。12もある星座なのだから、そうそう当てはまるはずはないと思い込もうとします。いいことは逆に信じたりもします。
私の血液型はA型なのですが、血液占いも星座占いと同様に記載のある雑誌巻末などには目がいきます。
血液型は4種類しかなく、これまでなんとなく血液型の違いによる性格の違い等の記事や経験則から無意識に血液型ごとの気質の傾向を勝手に作り上げているので星座占いよりも当たっていると感じることも多いような気がしています。でも、自分に都合の悪い内容は見なかったことにして記憶から消しています。
四柱推命などの占いで使用される干支ですが、私の干支は60年に一度の丙午です。
四柱推命などの占いはやったことはありません。
ただ、干支に関しては同級生と上級生や下級生たちを見ていて、明らかにそれぞれの特徴があるように思います。干支といえば一年間に生まれた年が同じ人間が同じ時間をバラバラの場所で過ごしていますが、社会的な影響を同時期に受けているので干支同士の特徴は似ているし、他の干支の人たちとは明らかに違うように感じます。
丙午というとよく言われたのが、人数が少ないから受験や就職では有利だよねということが一番多く、年配者からは天下取る人が出る一方で落ちぶれる人が多いのが丙午だねということを言われました。
私自身は臆病で面倒くさがりな性格で、今日できることは明日やろうというように考える特徴だと思っています。
周囲の人間から直接言われたことは少ないのですが、私のことを慎重だから時間をかけて物事を進めると言われたことはあります。自分が思っていることをオブラートに包んで表現してくれたのだと思います。
占いに関して、自分の星座、血液型、生まれ年の干支というものの表記を見つけると見てしまうくせに、いいことは信じるし悪いことは信じません。
というのも本当に当たる占いであれば、よくないことの警告を発してくれていれば、それを知ることでそのよくないことは回避できるので、結果はハズレということですし、よくないことがハズれてくれた時には占いは当たったと思っています。

それで、私が埼玉県から都内に通勤していることは、以前お話ししました。

それで、先日、仕事が終わった後に会社の同僚と新宿で飲む機会があったのです。

お店を出た後に、同僚に勧められて、ふらっと立ち寄ったのが

ここ

なかなか面白かったですよ。


食材は大宮で購入


「手料理」と呼べるものではないかもしれませんが、40代後半で中学生の息子2人がいる普通の会社員が、妻が外出時の夕食にいつもと違って楽しく食べられるようにと思って作っているのが、「餃子の皮の簡単ピザ」です。元々は、家族で河原などでバーベキューを楽しむ際に簡単料理として作ったのが始まりですが、いつの間にか妻がPTAの食事会などで不在の夕食時に、男3人親子でワイワイ会話を楽しみながら食べる料理になりました。
だいたい1ヶ月に1回位でしょうか?、春の歓送迎会が重なる時には月に2~3回になることもありますが、本当は「忘れた頃に食べる」ことで楽しくなるので、出番は少なくしたいのは「餃子の皮の簡単ピザ」なのです。

用意するものは、餃子の皮(食べたい分だけ)、ピザソースがあればOKですがトマトケチャップ&マヨネーズとかでもOK。
あとは、お子様の好き嫌いに合わせてピーマン・ベーコン・ミックスシーフードや、鶏肉などと+ピザ用のチーズもしくは「とろけるチーズ」でOK。
ホント好きなもので良いのですが、もしも一緒にスーパーへ行けるのであればお子様が食べてみたい具材を選んで歩くのも楽しいです。
我が家では、車で10分以内に総合スーパーのイトーヨーカドー大宮店や食品スーパーのマルエツ大宮店等があるので、「簡単ピザ作るからチョッと一緒に行って選ぼうよ!」と誘えば、子供たちもついてきてくれます。

準備した具材を食べやすいサイズに切っておき、餃子の皮にピザソースまたはケチャップ&マヨネーズなどを塗り、チーズが溶けるまでフライパンで焼けば完成!
お好み焼き状態で、具材は少しづつ色々な種類があると楽しさが増します。「次は何にする?」といった感じで、少しづつ数枚ずつ焼いては食べるを繰り返すと会話も弾んで楽しいです。
母親が作る料理とは違って決してご馳走ではありませんが、「餃子の皮の簡単ピザ」は、父親と子供たちが和気あいあいと時間を共有出来る簡単料理です。

仕事で失敗

普段、世話になっている先輩が泣きそうな顔で私のところにやって来ました。仕事で失敗したのでフォローして欲しいというのです。私は最初に、この人に言われた通りのことをしました。その時に、どうなのかな?と思ったのですが、やっぱりというか、案の定、途中から上手くいかなくなってやり直しをしなければならないことになったというのです。

再度、言われた以上のことをしてあげました。
今度は上手く行くでしょう。
もう、この仕事が嫌になった。辞めたい、と泣きそうな顔で言われました。この人を雇えるようになるくらい、私は強くなりたいものです。

仕事の失敗のフォローをしてあげた、その後ですが同僚の一人に結果の相談をしていました。冷蔵庫からアイスクリームを引っ張り出して、そのまま何処かへ消えて行きました。追加の分の仕事の礼も言わずに腹立たしそうな表情で定時で帰って行きました。何だか損した気分です。

同僚の一人

同僚の一人が交通事故を起こしたといいます。夜勤明けの帰路で居眠り運転をしたらしいのです。ブレーキも踏まなかったと聞きました。

ムチウチの症状は今のところないそうです。この人は仕事でも他の人間の足を引っ張ってばかりいます。仕事の出来ない人間は、往復の通勤でも問題を起こすようです。もし、この人がしばらく休みを取ると私も含めて他の従業員が欠員の穴埋めをしなければなりません。バカとは関わりたくないものです。